最速の産院選び&初めての検診

妊娠2ヵ月目
08 /23 2016
2016年 7月19日
初めての検診に行きました。
検診・・・と言っていいのか分かりませんが、
前回の妊娠検査薬で出た結果が本当なのか、正常な妊娠なのかを先生に診てもらいます・・・


ちなみに、7月11日に来ると思われていた生理前は超妊娠初期ということになります。
その時のもちこはというと。


超妊娠初期


普通に私は生理前にあるような症状だった…です…

①頭痛
 この時は妊娠しているとは思ってなかったけれど、妊娠希望だし頭痛薬や薬等飲むの躊躇われた…

②微熱
 普段は体温低めのもちこ。37℃近くなることあり、風邪かと思ったくらい!

③眠気、倦怠感
 毎日見てるミヤネ屋の時間帯から異常に眠くなったり、家事をするのも億劫なくらいだるくなったり。
 未だに眠気はすごいですけど…

ない胸が張る、下腹部痛
 胸が張って痛く、生理痛に似た下腹部痛が続いた。初検診7月19日も下腹部痛有り。
 このせいで生理が来るんだって勘違いした( ;∀;)





産院選び・・・
は、一瞬で決まりました。


それは遡ること一年前。2015年9月
とある大病院の産婦人科でお友達が元気な男の子を産みました!

その時に、どんな先生がいるかとか、病院の雰囲気
実際に足を踏み入れ、どんな風に生まれたばかりの赤ちゃんが過ごしているか等見ることができました。

しかも、その病院は偶然にもおにぎりの旦那の会社の目と鼻の先・・・!!!





ここしかねーやろー!!!!



といった具合に、母親から「どこで看てもらうん?」と聞かれ、
間を入れずに「O病院!!!」と即答しました(笑)

また、偶然にも2年前に亡くなったおじいちゃんがお世話になった病院でもあったのです。






受付時間は何時からなのか、また診療は何時までなのかを調べたり
のちのち出てくるであろう出産育児一時金はどうなっているのか下調べして、19日の朝、病院に車を走らせました。





噂には聞いていたけれど、
大病院って紹介状がないと診療拒否されたり、初診時に5000円くらい取られる・・・
しかも妊娠は病気ではないため基本的に健康保険、医療費控除の適用外・・・
補助券とやらを貰うまでは、出費が莫大だとかインターネットで見ていたせいでガクガクブルブルしていました。
(私はかなりケチんぼで、お金が関わるとアレです)



でも、おなかの赤ちゃんのためだし………おにぎりの旦那も稼いでるし…!!




病院について、初診の受付の後、案の定「紹介状がないためにかかる費用の説明」をされました。
「こればかりはお国の決まりだから仕方ない!」と腹をくくって財布を出すと



受付のお姉さん「あ、いいんですよ。こちらに署名をして頂けたら支払いは結構ですので」


・・・!??



ホアッ!?




この時、あまり覚えていませんが(興奮で)

その病院がお国に出す申請書のようなものに署名しました。
病院によって違うと思いますが、この病院は支払いを求められませんでした。





さてさて、記念すべき初診は…?



20160820_115800.jpg


超音波検査!!!
超音波断層撮影装置という医療機器を使って子宮のなかを観察する検査です。




おお!
見えました見えました!!!!


20160823_131911.jpg


エコー写真です。
小さな胎嚢が見えます!!!

思わず「おお!!」と声が出てしまい、看護師さんが笑っていました(笑)


まだ実感が湧いてなかったのですが、
こうやってエコーを目の前で見ると感動が止まりませんでした。
少し涙も…

大きさは8.8mm

これから、どんどん大きくなってくるのかな?

楽しみです!



次回の検診は2週間後の8月2日になりました。

短いようで長いです。

その間、つわりで苦しむことになるのですが、それはまた次回に~☆



今回かかった費用は・・・?



20160820_115731.jpg


え? 3割負担で2,440円!?


ネットでは保険適用外と聞いたけど?

費用区分が旦那会社の組合だし、そこに関係があるのかな?

思ったより低価格で安心しました~ε-(´∀`*)ホッ



よろしければ応援よろしくお願いします(/・ω・)/
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠初期へ にほんブログ村 マタニティーブログへ
スポンサーサイト

もちこ



福岡県在住
1992年生まれ 25歳
2016年5月に結婚しました。
2017年3月16日に第一子を緊急帝王切開で出産。
夫婦揃ってオタク。

旦那様(おにぎり)⇒ゲームと酒が好き。ハゲじゃない剃っているんだ!