出産レポ⑥‐入院生活・術後1日目‐

娘出産・入院レポ
04 /10 2017

おはようございます。もちこです!

少しずつ気温が暖かくなり、助かっています(*´▽`*)


出産レポ①‐ざっくりレポ‐

出産レポ②‐帝王切開‐

出産レポ③‐帝王切開‐

出産レポ④‐帝王切開‐

出産レポ⑤‐入院生活・手術当日‐


昨日から引き続き…

全く麻酔は切れていません!!

スケジュール的には昨晩麻酔が切れてヒイヒイ言いながら本日フットポンプ終了してって…


朝から飲水は可能になり、お昼からお粥も出ました。

朝の食事はカボチャスープのみでしたがシンプルで美味しかった…(*´▽`*)


…当然予定表に組み込まれていたベッド上での座るリハビリも出来ず。

フットポンプも取れず!

術後3日目あたりから見舞客も来るってのにどうするよ!!!!!!

と、結構絶望してました。


ですが、この日から乳頭刺激を開始し、マッサージ指導もあります。

ベッド上で動けないまま、そこでやりました(;・∀・)

旦那様や実母が見守る中…

いわゆる添い乳の要領で。

助産師さんが援助して下さりました。


私は妊娠中に張り止めの処方歴があったため、おっぱいマッサージは37週に入ってからお願いしますと言われており、周りとはスタートダッシュが遅め…。

乳首の長さも柔らかさも足りず、ここで乳頭保護器を使用しました!

それを使うと少しサーヤちゃんが吸ってくれ、嬉しかったですね~!!

保護器さまさまでした。


しかし、やはりこの日も麻酔は全く切れず体は動かない…

麻酔をレベル3に落としても…


助産師さん「明日から歩行のリハビリも始まるんだよね…」

私「そ、そうですね…」

助産師さん「じゃ…麻酔ゼロにしよっか…」


…!??


びっくりしたけど、私も旦那様もそれの方が良いと思った!!

(麻酔は手術中のものではなく、術後の傷の痛みを調節するための硬膜外麻酔のやつです)

傷は痛むだろうけど…私のあんよが動くのならばーーーー!!!


ここから本当の絶望と負けられない闘いが始まりました。


足は結構すぐ痺れが取れてきました。


私「動く! 動くよ…!!」


ですが…お腹の下の方が…熱くなり…ズッキンズッキンと疼きだします。

熱い…まるでお腹を裂かれたようだ!!(いや、裂いたんだけどね)

体中から大粒の汗が吹き出し、加えて手術の影響で熱は39℃超え!

痛い。いや、痛いという表現が果たして合っているのだろうか。

死ぬんじゃないのか。ショック死するんじゃないのか。


そんな状態で晩御飯…!??


その時、お乳を頑張って吸おうとしていたサーヤちゃんを思い出しました。

「(サーヤちゃんも頑張っていたんだから、ママも頑張らないと…ッ)」


いつまで続くか分からないこの激痛に耐えながら、電動ベッドを起こし少しずつ食べました。


すると今度は頭の激痛! 割れるような頭痛!!!!!


結果、晩御飯は大半を残してしまい助産師さんに泣きつきました。

私の顔の青白さ、大粒の汗を見て驚いてました。


結局、再び麻酔をレベル3に戻しました。

その瞬間今度は体が震えだし、寒い寒い寒い寒い…

暖房をガンガンにしてもらって震えながら眠りました。


…レベル3にしたら、また足が動かなくなる。

その深夜、レベル2にしてもらい様子見です。


明日はどうなるんだろう…と不安の中眠りました…。


つづく







応援ポチッとお願いします♪

  

   にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ にほんブログ村 マタニティーブログへ

スポンサーサイト

もちこ



福岡県在住
1992年生まれ 25歳
2016年5月に結婚しました。
2017年3月16日に第一子を緊急帝王切開で出産。
夫婦揃ってオタク。

旦那様(おにぎり)⇒ゲームと酒が好き。ハゲじゃない剃っているんだ!