出産レポ⑤‐入院生活・手術当日‐

娘出産・入院レポ
04 /09 2017

おひさしぶりです。

もちこです!

魔の三週目とやらに入り、試行錯誤の日々で更新が停滞しておりました―――!!


出産レポ①‐ざっくりレポ‐

出産レポ②‐帝王切開‐

出産レポ③‐帝王切開‐

出産レポ④‐帝王切開‐



入院生活編です。

先ほどの手術の最中に尿管カテーテルぶちこまれてました。

術後に気づくっていう…(;^ω^)バッチェ麻酔効いていますよー!

ベッド上安静です。

麻酔が効きずぎたのか手まで痺れていましたが、少しすると手は動かせるように!

まだ手術後の興奮が冷めず、のどは水分を欲しておりました。


…しかし!

絶食&水分摂取はできません( ;∀;)

助産師さん「誤魔化すためにうがいしましょうね~」

水分摂取できないのは暫くすると慣れてきました…


他には…

足には血栓予防のためのフットポンプが装着されており、

硬膜外麻酔のカテーテルが背中から伸びています。

もし傷が痛む時は、カテーテルに付いたスイッチを押せば麻酔が適量入り痛みを緩和させてくれます。

痛い時自分で押せるのが安心でした(*´▽`*)

四時間ごとに助産師さんがやってきて、足のマッサージ、傷の具合の確認、バイタル

そして褥瘡予防のため、眠る体勢の援助をして下さいました。


2回ほど抗生物質の注射もしました。

子宮収縮を助けるものも施しました。


助産師さん「今晩あたりから足の痺れが取れてきますよ。明日にはフットポンプも取れますからね」


…しかし!(二度目)


いつまで経っても足の痺れは全く取れず…


カテーテルから少しずつ麻酔は流れていますが、常人ならばレベル4の麻酔で深夜あたりから麻酔が切れて来て傷の痛みに悶え、麻酔追加スイッチを押して「うーうー」と唸っている頃なのだそう。

助産師さんたちに不思議がられました。

なかなかいないそうです。


私「(まだ手術当日だし…明日には麻酔も切れてくるだろう…)」


でも一向に麻酔は切れる気配が無い。

足は全く動かないし、そこが一番の不安でした。

傷は麻酔のおかげでちっとも痛くないけれどーーー!!!


これで分かったことは、私は麻酔がすごく効きやすい体質なのだというところ。


☆出生証明書、出生届を病院から頂きました☆


麻酔で全く動けないので、助産師さんがサーヤちゃんを病室まで連れてきてくれました。

ここの病院は母子同室ではありません。


助産師さん「まだ沐浴できなくって、明日になるんだけど…赤ちゃんのニオイかいでみて」


言われるがまま横に寝かされたサーヤちゃんをかいでみると…不思議な香り。

甘い? キャラメルのようなふんわりした香りです。


助産師さん「羊水のニオイなんだよ。このニオイが私は好きでね…お母さんたちにかいでもらってるけど、母性が強まる!って皆言うんだよね」


確かに…。とても可愛らしくて、守りたいと思うものでした。


足の麻酔はどうなるかとガクガクブルブルしていましたが、この時は「頑張ろう!!!!」って思えましたね。


麻酔切れてからが地獄なんだけどね( ´∀` )


つづく




応援ポチッとお願いします♪

  

   にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ にほんブログ村 マタニティーブログへ

スポンサーサイト

もちこ



福岡県在住
1992年生まれ 25歳
2016年5月に結婚しました。
2017年3月16日に第一子を緊急帝王切開で出産。
夫婦揃ってオタク。

旦那様(おにぎり)⇒ゲームと酒が好き。ハゲじゃない剃っているんだ!